事故車の価値は査定でどのくらい下がるのか

かつて事故を起こしてしまった事故車となると、それがしっかり使用できていたという実績がないと価値が下がってしまうことが珍しくありません。

 

特に骨格部分まで損傷が及んだような修復歴がある車ともなると、査定において価値が下がることはほぼ避けられないことになってしまいます。

 

そうした中で気になるのが事故車の価値は査定でどのくらい下がるのかというところです。事故というのは必ずしも自身に責任があるとは限りません。

 

場合によっては自身は駐車場に車を駐車していただけなのに、別のドライバーがアクセルとブレーキを踏み間違えてぶつけたというようなこともあり得るでしょう。そうした際に、買取額で下がってしまった分を相手に補償してもらいたいとして考えることは珍しいことではありません。

 

さて、では実際に事故車の価値は査定でどのくらい下がるのかというと、これは状況によりけりとしか言えない部分があります。

 

例えば後ろ側から追突されてトランクルームが大きく凹んでしまった自動車と、上から鉄骨が落ちてきてぺしゃんこになってしまった自動車を修復して使用したのであれば、それはどちらも定義上は修復歴のある自動車になります。

 

そのため文字の上での条件は同じになるのですが、買取額はやはり大きく異なるものになるでしょう。

 

トランクルームが凹んだ程度であればまだ買い手は付くかもしれませんが、上から鉄骨が落ちてきてぺしゃんこになったことがある自動車を欲しいと思う人は早々いません。

 

そのため事故車だから、価値がこれくらい下がるというように言いきることはできないのです。ただ、絶対に調べることもできないのかと言われればそれは違います。

 

中古車取引についてはしっかりとした団体があり資格認定などを行っているのですが、そうした団体の一つであるJAAI(日本中古自動車査定協会)に事故による評価損、つまり事故によって発生した価格低下がどれくらいかということを判断してもらうことができるのです。

 

実際に確認してもらう場合には車のサイズによって5千円から1万4千円ほどの手数料がかかるのですが、これを資料として用意しておけば事故によってどれくらい価値が下がったのかということを確認することができます。

 

そうした手数料を払うだけの価値があるかどうかの判断は人によって異なりますが、事故の後処理として相手に評価損分を補償してもらいたいというような場合には、こうした手段で価値がどのくらい下がったのかということを確認することができます。

買取業者によっても査定価格は異なる

上記のように事故車でも修復歴によって、査定は異なります。

 

また、買取する業者によっても査定価格はかなり違います。業者の抱えているお客さんが求めている車種ならば、すぐに売ることができるので多少の修復歴ならば、査定を下げずに買い取ることもあるからです。

 

なので、一社の買取業者に査定してもらうのではなく、複数の業者に査定してもらうのが高く売るためのポイントです。

 

車種によっては、意外な価格がつくこともあります。数万から数十万ほど査定価格が異なることもあるので、高く売りたい場合は、ネットの一括査定から複数の買取業者に査定してもらいましょう。

 

ネットの一括査定なら、1回の入力で済むのでかなり便利です。利用は無料なので、事故車を高く売りたい場合にもおすすめです。